コーポレート・ファイナンス

バリュエーション(企業価値評価)および事業投資や資金調達の意思決定を扱います。経営や事業投資の意思決定に必要なファイナンスの考え方を実務レベルで扱います。

バリュエーション 初級

バリュエーションの基本を学びます。ファイナンスの基礎からスタートし、マルチプル法・DCF法のモデルの作成まで扱います。実務で必要な考え方を直観的に理解していきます。

トレーニング

4

ファイナンスの基礎

割引率、現在価値、リスクとリターンの関係といった、ファイナンスの基本的な考え方を理解します。実務に必要なレベルで、できる限り直観的に扱います。

答えられるようになる問いの例

  • ファイナンスにおける「リスク」と「要求リターン」とは何か。説明せよ
  • 割引債の取引価格・残存期間・償還価格が明らかな時、この割引債に要求されている割引率を計算せよ

バリュエーション 入門

バリュエーション(企業価値評価)の基本的な内容を理解します。具体的には、割引配当モデルや、企業価値と株式価値の関係といったトピックを扱います。

答えられるようになる問いの例

  • 一時的な損益と継続的な損益水準の変化は、株式価値への影響がどのように異なるか。説明せよ
  • 企業価値と株式価値の関係を説明せよ

マルチプル法によるバリュエーション

マルチプル法の考え方と計算方法を理解し、Excelでモデルを作成します。類似会社の検討といった実務的なテーマにも触れます。

答えられるようになる問いの例

  • A社のマルチプル(PER、EBITDAマルチプル、PBRなど)を計算せよ
  • EBITDAマルチプルに対応する価値は何か。説明せよ

DCF法によるバリュエーション

DCF法の考え方と計算方法を理解し、Excelでモデルを作成します。DCF法の理解に必要なさまざまな概念(アンレバードフリーキャッシュフロー、WACC、ターミナルバリューなど)は、実務に必要なレベルで、できる限り直観的に扱います。

答えられるようになる問いの例

  • A社の事業計画について、アンレバードフリーキャッシュフローを計算せよ
  • 一定の前提に基づき、WACCを計算せよ
  • ターミナルバリューとはどのような考え方か。説明せよ

バリュエーション 中級

バリュエーションの実際を深く学びます。実際に評価を行い、その意味を解釈することで、バリュエーションのポイントや限界などを理解できるでしょう。また、実務で非常に重要なマルチプルの意味と解釈の方法について詳細に扱います。上場事業会社のマネジメントや投資銀行のプロフェッショナルに求められる水準です。

トレーニング

4

バリュエーションの実践

実際にバリュエーションに取り組み、結果の解釈の面白さ・難しさや評価の実務的な注意点などを検討します。バリュエーションに答えはありませんが、多角的に検討すれば本質を突いた評価が可能なことを実感できるはずです。

答えられるようになる問いの例

  • マルチプル法とDCF法で評価結果に大きな差が生じた場合、どのような検討をするべきか
  • WACCは評価結果に大きな影響を与え取扱いが難しい。どのような場合にWACCが振れやすいか

バリュエーションの論点 中級

DCF法の基本的な論点を学びます。DCF法の論点は多岐にわたりますが、幹となる重要な考え方を理解していれば多くの細かな論点に対応できます。主に投資銀行のプロフェッショナルを想定した内容です。

答えられるようになる問いの例

  • 受取利息をアンレバードフリーキャッシュフローに含めるべきか。考え方を説明せよ
  • ターミナル期のアンレバードフリーキャッシュフローの計算をEBITDAから検討する場合とEBITから検討する場合でどのような差が生じるか
  • 永久成長率の設定ではどのような点に留意するべきか

マルチプルの意味と解釈

マルチプルの意味と解釈について詳細に議論します。PER・EBITDAマルチプル・PBRの意味を正しく理解することは、割高な買収を防ぎ、自社の株価を客観的に理解する上で非常に重要です。事業会社のマネジメントの方に理解していただきたい内容です。

答えられるようになる問いの例

  • マルチプルとは「倍率」を意味するが、理論的にはどのような事業上の意味を持っているか
  • 「高PERの株式は割高である」という説明はしばしば正しくない。理由を説明せよ
  • 配当性向を引き上げると、株価が上昇するケースと下落するケースがある。それぞれ理由を説明せよ

バリュエーションとマーケットの視点

上場会社の株価は市場で決定されます。株価は中長期的にはバリュエーション(ファンダメンタル)で説明できますが、短期的にはバリュエーションだけでは説明できない動きをします。本トレーニングでは、株価の理解に欠かせないマーケットの視点を学びます。マーケットに答えはありませんが、大きな理解の助けとはなるはずです。

答えられるようになる問いの例

  • 一般的に、金利が低下すると株価は上昇することが多い。なぜか
  • なぜ、増収増益でも決算開示後に株価は急落することがあるか
  • コングロマリット・ディスカウントとは何か
  • 企業の情報開示と株価にはどのような関係があるか。投資家の視点で議論せよ

ファイナンスの意思決定

事業投資や資金調達の意思決定について、経済的な考え方を扱います。エクイティ・ファイナンス、LBO、スタートアップの評価と資金調達といったテーマが含まれます。

トレーニング

4

投資判断の基本

IRRと事業投資の考え方を学びます。論理的な投資判断に欠かせない資本コストの意味を実感し、事業投資の思考法を理解します。特に、上場会社のマネジメントに理解が欠かせません。

答えられるようになる問いの例

  • A事業に○円で投資する機会がある。この投資を実行するには、どのような条件が充たされるべきか
  • NPVの意味と意思決定での用い方を説明せよ
  • 上場会社と非上場会社では投資判断の考え方がどのように異なり得るか

LBOモデリング

PE(プライベートエクイティ)ファンドが行うLBO(レバレッジド・バイアウト)モデリングのエッセンスを扱います。PEファンドの方を想定した内容です。

答えられるようになる問いの例

  • LBOの調達と運用の構成項目を説明し、各項目がリターンとどのような関係にあるか議論せよ
  • IRR15%を上回るように、A社への投資条件をモデルで検討せよ

エクイティ・ファイナンスの基本

エクイティ・ファイナンスの経済的な意思決定の考え方を、投資家と企業(発行体)の視点で学びます。実務には専門家のサポートが必要ですが、事業家が理解すべき経済的なポイントはそれほど難しくありません。

答えられるようになる問いの例

  • 投資家を納得させるエクイティ・ストーリーは、定量的にどのような条件を充足すべきか。説明せよ
  • 企業はどのような場合にエクイティ・ファイナンスを行うべきか。議論せよ

スタートアップの評価と資金調達

バリュエーションの特殊な事例として、スタートアップの評価を学びます。また、スタートアップとVCがどのようなゲームを行っているのか、そのルールをファイナンスの視点で理解します。

答えられるようになる問いの例

  • スタートアップの評価ではセールスマルチプルがよく用いられるが、その意味と活用上の留意点を議論せよ
  • 自社を高いバリュエーションで評価してくれる投資家がいる。この投資家から資金を調達するべきだろうか。起業家の立場で、論点を明らかにし議論せよ

バリュエーション 上級

投資銀行のプロフェッショナルに求められる水準でバリュエーションの論点を検討します。具体的には、DCF法のテクニカルな論点と海外企業投資の論点を扱います。

トレーニング

2

バリュエーションの論点 上級

DCF法のテクニカルな実務上の論点を扱います。投資銀行のプロフェッショナルに求められる水準です。

答えられるようになる問いの例

  • 対象会社のβを、具体的にどのように設定するか。具体的な情報ソースや取得期間などに言及し、議論せよ
  • サムオブザパーツ分析を行う上で、留意すべき点は
  • 株主資本コストとWACCのどちらでハードルレートを設定しても本質的には同一なことを説明せよ

海外企業評価の論点

海外企業の評価で求められる実務上の論点を扱います。海外投資を積極的に行っているグローバル大企業や投資銀行のプロフェッショナルに求められる水準です。

答えられるようになる問いの例

  • 海外企業の評価にあたり、事業計画で為替をどのように取り扱うべきか
  • 日本企業がメキシコ企業の買収を検討している。対象会社のWACCをどのように求めるか

研修のご相談はこちらからお願いいたします。