財務会計

「経理のための数字を作る会計」ではなく「事業家が数字を読み活かす会計」を学びます。入門から連結会計・組織再編会計まで幅広く扱います。

財務会計 初級

初学者を対象に、基本的な財務会計の知識と、現場の取引と財務三表のつながりをイメージする「会計的な考え方」を学びます。会計の「本質」を本レベルで身につければ、より実務的な中級にスムーズに取り組めます。

トレーニング

2

財務会計 基礎①

初学者を対象に財務会計の基礎を扱います。財務三表の基本的な仕組みと構成を理解し、基本的な会計項目に一通り触れます。会計の知識がない方は、まずはここから始めましょう。

答えられるようになる問いの例

  • 財務三表はそれぞれ何を表すか
  • BSで「流動」と「固定」の意味は
  • PLで「売上原価」と「販管費」の意味は
  • 営業キャッシュフローとは何か

財務会計 基礎②

独自のメソッドで、基本的な取引が財務三表にどのように反映されるかを理解します。具体的には、損益、設備投資、減価償却費、運転資本、資本取引、財務取引などを扱います。事業と会計の数字のつながりをイメージし、財務情報にリアリティを持って触れられるようになるでしょう。

答えられるようになる問いの例

  • 以下の取引を三表に反映せよ
    • 増資を行い出資金の振込みを受けた
    • サービスを提供し翌月払いで請求書を発行した
    • 設備投資を行い機械を購入した
    • 株主へ配当金を支払った
  • 間接法のキャッシュフロー計算ではどのような調整を行うか。考え方を説明せよ

財務会計 中級

会計の基本的な知識を前提に、上場会社レベルの会計項目を理解します。さらに、大企業やM&Aで理解が必要な連結会計・組織再編会計や、実践的な開示情報の読み方も扱います。多くの事業家にとって、本レベルを理解すれば、苦手意識を持たずに財務情報を理解し専門家と議論できるようになるでしょう。

トレーニング

6

財務会計 中級①

上場会社レベルの会計項目を理解します。一般的な会計項目に慣れ、決算説明会資料や有価証券報告書を抵抗なく読めることを目指します。

答えられるようになる問いの例

  • BSで「繰延税金資産」の意味は
  • BSで「その他有価証券評価差額金」、「土地再評価差額金」の意味は
  • PLで「製造原価明細」の意味は
  • PLの「特別損益」に含まれる項目はどのようなものがあるか

財務会計 中級②

独自のメソッドで、上場会社レベルの会計項目に対応したさまざまな取引が財務三表にどのように反映されるかを理解します。会計への理解が大きく深まり、必要に応じて調べれば、多くの取引と三表の関係を自分で考えられるようになるでしょう。

答えられるようになる問いの例

  • 以下の取引を三表に反映せよ
    • 消耗品を翌月払いで購入した
    • 建物について減損損失を計上した
    • 固定資産を売却し固定資産売却益を計上した
    • 利益剰余金を原資に配当金の支払いを機関決定した
    • 自己株式を取得した

財務会計 中級③

会計実務における重要な原則に焦点を当て、考え方と実務への適用を議論します。具体的には、収益認識基準、収益費用対応の原則、保守主義の原則などを扱います。会計的な思考が深まり、事業家として専門家との議論を十分に行えるようになるでしょう。

答えられるようになる問いの例

  • 不動産を売却する契約を締結した。以下の場合、契約締結日に収益計上が可能か
    • 契約に特段の停止条件がついていない場合
    • 取引実行日を契約から半年とした場合
    • 取引実行日を契約から1年後とした場合
    • 売却対象となる不動産をこれから取得して転売する予定である場合
    • 疫病等の発生時に取引を停止する条件が付されている場合

財務分析 基礎

財務分析のさまざまな指標について、基本的な定義や考え方を扱います。具体的には、成長性分析、収益性分析、効率性分析、安全性分析、ROA、ROEなどに触れます。より事業に即した実践的な内容は「事業分析・事業計画・事業管理」の「財務分析中級」で扱います。

答えられるようになる問いの例

  • A社について、以下の財務指標を計算せよ
    • 営業利益率
    • 売掛金回転期間
    • 自己資本比率
    • ROE
  • 自己資本比率は、一般的に何%以上が望ましいとされるか
  • ROEを引き上げるには、具体的にどのようなアクションが考えられるか

連結会計・組織再編 基礎

大企業の経営管理やM&Aの実務では、連結会計と組織再編への理解が必要です。事業家として理解すべき基本的な内容を学び、連結財務諸表や連結モデルの作り方を理解することを目指します。

答えられるようになる問いの例

  • 連結財務諸表の資本金と、個別財務諸表の資本金の額が同じなのはなぜか
  • 個別財務諸表であるにもかかわらず、「のれん」が計上されているのはなぜか

開示情報の読み方 基礎

上場会社は、決算説明会資料、有価証券報告書、決算短信など、さまざまな資料を投資家向けに開示しています。これらの資料の特徴と役立て方を、事業の視点で学びます。日々の仕事でこれらの情報を活用するヒントを得られるでしょう。

答えられるようになる問いの例

  • 以下を知りたい場合に、参照すべき資料と参照箇所を説明せよ
    • 主要な株主構成
    • 優先株式・新株予約権の状況
    • 会社の業績予測
    • 会社が認識する事業リスク
  • 有価証券報告書では、「平均給与」を確認できるが、その定義は

財務会計 上級

個別財務諸表および連結会計・組織再編会計について、会計的な考え方を深く扱います。グローバル大企業の専門的なスタッフやM&Aの実務に携わるプロフェッショナルなどを想定した内容です。なお、専門家に相談が必要なレベルの制度解説は含みません。

トレーニング

3

財務会計 上級

個別財務諸表の中で、特に重要度や難易度の高い論点(金融商品会計、退職給付会計、減損会計、継続企業の前提への重要な疑義など)を扱います。

答えられるようになる問いの例

  • 有価証券の中で、簿価評価されるものと、時価評価されるものの違いは何か
  • 退職給付引当金の額と、退職給付債務の違いは何か
  • 減損判定はどのようなプロセスで行われるか
  • 継続企業の前提への重要な疑義はどのような条件で付されるか

連結会計・組織再編 上級

連結会計・組織再編の考え方を深く扱います。具体的には、個別財務三表と連結財務三表の違い(孫連結、在外連結、連結除外、持分法)、連結会計と組織再編会計の実務、PPAの考え方といったトピックに触れます。ただし、専門家に相談が必要なレベルの制度解説は含みません。

答えられるようになる問いの例

  • 連結財務諸表を作成している子会社を買収した時に、当社の連結財務諸表はどのように作成されるのか?
  • 海外の会社を買収した際に、当社の連結財務諸表はどのように作成されるのか?
  • 持分法適用会社とはどういうものか?

開示情報の読み方 上級

有価証券報告書の構成と注記の読み方を詳細に解説します。プロフェッショナルを想定した内容です。

答えられるようになる問いの例

  • 有価証券報告書のうち、監査されている箇所はどこで、監査されていない箇所はどこか?
  • 有価証券報告書で記載される注記はどのようなものがあるか

研修のご相談はこちらからお願いいたします。